ブラックリスト クレジットカード

ブラックリストとクレジットカード

一旦ブラックリストに名前が載ってしまった人は、クレジットカードを新しくつくることができません。よく聞く言葉ですが、ブラックリストとはどういったものでしょう。実際のところブラックリストというものは、金融機関がそれぞれに作っているわけではありません。金融機関がクレジットカードを新しくつくる場合、客の信用情報を情報会社に照会します。顧客の信用情報が信用情報会社では扱われており、返済遅延や自己破産情報などが記録されています。キャッシング返済で問題を起こしたことがあり、信用情報に問題がある人を、ブラックリスト入りと表現します。一旦ブラックリストに入ると、何かと問題が生じます。今までに借りたローンを返せないことがあったり、任意整理や自己破産をしたことがある人が、新しくローンを組もうとするのは大変です。載っている期間はお金を借り入れる事もクレジットカードによるショッピングもできないようになってしまいます。ブラックリスト入りしていた人でも、ある程度の時間が経てば情報がなくなるので、まだクレジットカードがつくれます。金融会社によって、いつまで審査を断るかという基準は差があるようです。しばらくはクレジットカードを必要としない場合でも、ブラックリストに名前か載ってしまったら、いつまでその状態なのかを把握しておいた方が、金融商品を扱う時に判断がしやすくなります。

ブラックリストの期間とクレジット

クレジットの利用には、ブラックリストの期間が関係します。返済時に何をしたかによって、ブラックリストに名前がある期間には差が生じます。期間が長ければ長いほど、クレジットカードも作れないわけですから何かと不便だと思います。ふだん通りにクレジットカードを利用しているだけならば、支障はないようです。海外旅行先でお金を引き出したり、クレジットカードを使ってホテルの予約をしたり、ネットショッピングをすることはできます。クレジットカードの利用頻度は、随分と多くなってきています。ブラックリストに名前が入ってクレジットカードの発行が難しくなると、様々な点で不都合を感じる機会が増えてくるのではないでしょうか。幾つかの信用情報機関がありますが、各社によってブラックリストに名前を残す期間設定には違いがかり、一様にはいえません。クレジットカード会社のほとんどが加入していると言うシーアイシーという信用情報機関について調べてみました。自己破産では7年、任意整理で5年、返済遅延で5年、記録を残すのが、CICの信用情報のの特徴です。記録が残るスタートタイミングは、遅延情報や返済不能が解消されてからです。身分証明書の提出が必要ですが、信用機関に問い合わせて、自分の信用情報を調べることが可能です。ブラックリストから名前が消えていれば、またクレジットカードの発行が可能です。

ブラックリストでもクレジットカードを作る方法

ブラックリストに名前が入っていると、新しいクレジットカードは発行できません。ブラックリストに記録が残っている状態でも、金融会社の中にはクレジットカードをつくれることがあります。例えば大型ショッピングサイト系列のネットバンクのクレジットカードです。インターネットのブログでは、ブラックリスト入っていつつもクレジットカードがつくれたという記事を見ます。クレジットカードではないものの、デビッドカードの発行がブラックリストに名前がある段階でできた人もいます。買い物をすると、その時点で銀行口座からお金が引き落とされるのがデビッドカードの仕組みです。銀行に入っているお金がカードの決済額より高くなければカードが使えません。キャッシュカードからお金をおろす時と同様、口座残高があることが、デビットカードの決済条件になります。口座残高不足が原因で、デビッドカードでの支払いが断られることがあります。デビッドカードならばクレジットカードと違って、ブラックリストに載っていても、カードを利用して購入することができます。デビットカードで決済できる金額は、銀行口座に残っている金額と一致するという仕組みです。デビッドカードやクレジットカードは、ブラックリスト入りしているからといって必ずつくれないとは限りません。普段から、クレジットカードを利用しての支払いで問題が生じないようにしておくことで、ブラックリストに入らない、快適なカード利用ができます。